So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

夜を歩く士 原作本 [雑談]

なんという事でしょうね〜

たまたま行った大手の本屋で
手に取ったんですよ

日本語版原作本の 1巻

何気に パラパラと読んだら
漫画本を文章にしている感じかな
だけど 漫画本よりも ずっと内容が良いのですよ

なんで こんなに面白い内容だったものが
ドラマで、グチャグチャに こうなったんだΣ(・□・;) (・・?)

思わず買って 半分くらい読みましたが、

ソンヨルの葛藤の詳細と ソンヨルとスヒャンの 色っぽい事
こういうのを観たかったなぁ〜

ヤンソンのイメージが やっぱり ユビちゃんでは ゴツすぎ
やっぱり 王様話は、原作本では、添え物的な感じで
まぁ
1巻を読む限りですが………

2巻だと もっと 王様話が出て来るのかもですね〜

2巻が 置いて無かったので、どこかで買うかな

最後が気になる






夜を歩く士(ソンビ)(1)

夜を歩く士(ソンビ)(1)

  • 作者: チョ・ジュヒ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2016/08/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




しかし
シンプル版も 発売ですね〜

メイキングだけで良かったのにね〜

夜を歩く士(ソンビ) (コンプリート・シンプルDVD-BOX5,000円シリーズ)(期間限定生産)

夜を歩く士(ソンビ) (コンプリート・シンプルDVD-BOX5,000円シリーズ)(期間限定生産)

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD



WOWOW版 夜士 最終回 [最終話]


とうとう WOWOW版 夜士が 終わりました。
これで、日本語放送を見たということになりますね。

ああ こういう風に訳されたか~ という部分も ありましたな。

相変わらず 色々と突っ込みつつ 見てましたなぁ

やっぱり 思ったのが 特に最終章

主人公 キム・ソンヨルの描写が あまりにもおざなりすぎというか
物足らなさすぎ

今まで たいして出てこなかった 若手に変に見どころ作っているのが
本当に 不自然

王宮での グイの惨劇を目撃した 王妃の元付き人のところとか

王妃の護衛だった 若手が 王様たちのかわりに 吸血鬼の部屋に残ったりとか

それよりも

本当は キム・ソンヨルとヤンソンの 地下宮での やり取りをもっと丁寧にするべきだったし

王様が 一人で爆薬を仕掛けるという設定も 無理筋~って


Blu-ray メイキングを見て [DVD]



9月2日発売のセット2が 届いて
Blu-rayに入っていた

メイキングを これで 全部みたことになります

全部見終わって

SBS版では 見れなかったメイキングも見れて 良かった部分と

SBS版の 丁寧なメイキングも入れて欲しかったという思いと

Blu-rayの場合 もう少し 付録にメイキングを入れて欲しかった
という 思いがあります

特に ジュンギの 3人演技部分

もう少し 見たかったです。

まぁ 惜しいと思う心は置いておいて

Blu-ray セット2のメイキングを見て思ったのが

ジュンギが監督代わりに 若手の演技指導してる部分が 結構あったというのが
まるで
助監督の役目まで ・・・・

で、 ここで 韓国ドラマTVガイドインタビューの意味が 分かりました

ジュンギが どれだけ 助言したとしても
相手が どういう態度で臨んでいるかどうかです

という 言葉

確かに 夜士の若手たちは ジュンギの助言を 素直に受け入れてくれていたようですね。

しかし

それだけ ジュンギの負担も 大きかったのだなぁと
でも

ある意味 ジュンギにも 勉強になった部分も あっただろうなぁって
いうことと

監督が ジュンギを信頼しているからこそ
ジュンギの演技指導も 受け入れていたのだろうと

そういうようなことが 垣間見れて 感じることができて
そういうのも見れたことは

新鮮な感じがしましたね。

たぶん

ジュンギって 伝えることが上手なのだろうなぁと

そして
ハギョン役の方の最後の 撮影
ジュンギが 先に撮影が終わったので
ジュンギ ちゃんとハグして お疲れさまって 肩たたいて

スタッフへの気遣いも いつものようにしながら
若手俳優にも 気を配って

自分の演技の時には
徹底して 準備して 納得するまで 監督に聞いて

ああ これが トップスターたる 姿だよなぁ~って

今回のメイキングは さらに進化した ジュンギを見る思いでした


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

自己犠牲 [17話]

しばらく振りに 見直して見ると

この17話も18話も良いですね〜

編集に不満があるものの 物語りとしては、面白いと感じます。

やっぱり 3人ソンヨルが 物語りにスパイスとして 効いてますよね〜

ジュンギの新しい姿をたくさん見る事が出来たのは、
本当に良かったです。

ヤンソンの自己犠牲の場面から始まりますが

浅はかな自己犠牲は かえって ソンヨルを危機に陥し入れて

そういう設定も 面白いし

危機が という部分から

母系の 本当の意味と意義が見いだせたという流れも 面白いです

大きく捉えてみれば

ソンヨルは、愛しい人たちの自己犠牲のおかげで生きて

ソンヨル自身も又
自己犠牲の精神で グィと戦っている

これもまた 美しい 愛の形だなぁと 思わせてくれるドラマですなぁ〜




一番好きな回 [第19話]

ミュージックDVDを見ていたら

この回の ソンヨルに逢いたくなって

久しぶりに見ましたが

見ながら この回の物語り運びが 一番 好きかもなぁ って
しみじみ 思っていました

放送当時は

色々な懸念と雑念で

多分 純粋に見れて無くて

ふふふ 監督を信じられなくてね……

でも とても良いセリフとかも散りばめられているんですよね

ソンヨルが グィの策略から 人々を救う活動の旅から

久しぶりに ヤンソンの元に 帰ってきたところ

その場面の

とても 大人の……

大人というよりも

もっと 老獪な ソンヨルの 立ち振る舞い

声のトーン

セリフ回しが 本当に好きです

もっと正確に言えば
ヤンソンに
ぎゅーって 抱きつかれた時の

ソンヨル

その場面が 本当に秀悦ですね

ジュンギが こういう演技も出来るんだって

一番最初も思ったけど

何回見ても このソンヨルは 良いですね

孫に対する おじいちゃんのようで(^◇^)

なははっ

後 グィと共に消えて行く覚悟を やっぱり決めて行く過程の
表情

中殿を失った 主上に 悲しみを乗り越えろと 言い聞かす場面から
自分を失った後のヤンソンの気持ちを
思いやる時の 独白と 表情

スヒャンに
陽の下で 人間として人生を送って欲しいという時の
ソンヨルとスヒャンのやり取りも
本当に秀悦だと思います

グィが へリョンを殺してしまった時の
へリョンへの 懺悔の場面ですが

ここで グィの 一筋の涙が あればなぁと
ちょっと 残念に 感じました

これが ジュンギだったら

一筋

つつつっー……

って

鬼の後悔の 涙

もっと 胸に来るだろうなぁと 感じました


そうそう

この回で

中殿が グィに

グィの心の核心を突いてるというのも 良かったです





夜士ミュージックビデオ [DVD]

こちらでも 明けましておめでとうございます。

年末の忙しさで 中々 夜士語り出来ずに 放置状態でしたけど

忘れた訳ではありません

ゆっくり 更新は続けるつもりです

今年もよろしくお願いします

私は、日本放送は 色々考えて 契約してません

DVD発売を待つことにしているので

日本放送版で語るのは、 もっと先になるでしょう

韓国放送版や

韓国版発売の フォトブックを元に語ることになります。

ご了承下さい。

しかし、今制作計画されている ジュンギ中心の夜士メイキングに関しては
DVDが リージョンが 日本では 普通に見れない形式なので

方法はない訳ではないですが、
又その為に 余計な手間がかかる事などから
買う気が失せていますね

又 制作前に 特に 未決定の物に 事前入金という やり方にも

今は、抵抗があります。

積極的に オススメするのは、怖いですね。

でも 期待していなかった
メイキングフォトブックのDVDを見るだけで 満足出来てますね

今では、売り切れで 手に入らない物に なりましたけど

日本版DVD発売の時には、訳付きで 収録されたら嬉しいですね

もう このMVだけで 物語りが 完結しちゃってる

ソンヨルの 美味しいどころ満載

久しぶりに見たくって 昨日の夜に 見てましたが、やっぱり良いわ

おまけの メイキングMVが 本当に面白い

現場の雰囲気が 本当に素敵だったなって 分かりますね

しかし

ミュージックビデオが 夜士物語りの核心から 振れてないなんてね

不思議だ

ミュージックビデオの方が 泣けるじゃないか




ドラキュラZERO [雑談]

ひさしぶりにこちらに記事アップ

先日 ダンナが借りて来た

ドラキュラZEROを見て

あっ 確か コメントでも頂きましたね

ウワァ ソンヨルが愛する人の血を吸って 吸血鬼になるところ

この映画を参考にしているって

多分 ジュンギも参考にして見てると 感じました。

しかし

ソンヨルの描写は 更にリアルに進化して演じていたとも感じました。


ジュンギなりに 咀嚼して 新たな表現で 愛する人の血で生きたソンヨルを演じたと 思います。




思いを軽く [DVD]

旅行から 帰るなり
思いもかけない ニュースというか お知らせで

怒りというか 残念な思いで 深海の底に沈みそうでしたね〜
まぁ
なんの事? って思われる方は、スルーして 気にしないでくださいね

私が 消さなければいけなかった記事ですが

本当に 後味の悪いやり方

とことん イ・ジュンギ ファンを 更に怒らせて

馬鹿だねって 今は、思っています。

もう 好きになる事は 無いですね。

やり方によっては、ウィンウィンの関係になる事も出来たのにね〜

思い煩うのも アホらしいし
私の短い人生の中の記憶にも止めたく無いですわ

あの会社の関わる全てに嫌悪感しかないです。
が、

そういう思いが

逆に関わる元になるということなので

重たい思いを解き放します。

この先 ジュンギの世界が

変なしがらみに 囚われないように

私たちの思いを もっと広い世界の方に意識を向けましょう

なお この記事に関しては コメント 閉じさせてくださいね〜♪

本店の方に どうぞです。




nice!(0) 

芸に入り 芸より出ず [雑談]

今回 メイキングphotoBookの DVDを見て

特に メイキングMV のジュンギを見て 思ったけど

というか
今までのメイキングを見てきて思っていた事が
さらに 深くなったのですが、

ジュンギの 役に成りきりの
オン オフの スイッチが さらに キレ味良くなったなぁ〜と

ユミちゃんの感情待ちで
ジュンギは 普通なのに
ユミちゃんに抱かれた瞬間に
ソンヨルになっているんですよね

そのシーンは、
多分 ユミちゃんの感情が 重要なので
撮り直しが 何度かあったのでしょうが

ジュンギは リラックスして カメラと遊んでるけど
ユミちゃんに 手をかけられたら
直ぐに ソンヨルになって 抱かれて

まぁ 初っ端から 撮影の合間に
リハーサルは リラックスして
本番では 全く違って
撮影が終わると
直ぐに ジュンギに戻って
その姿を見て

この言葉が浮かんできます

芸に入り 芸に出ず

入り切って 出できる事が 割り切って出来る

だからこそ

ジュンギを通して 表現される役に
言いようのない 魅力を感じるのでしょう

今回の場合は、特に 人間ではないものを演じたので
特に オン オフの スイッチの切り替えが やり易かったのかなぁと
推測しました。

TWO Weeks のテサンの時の方が 終わった後の後遺症が大きかったみたいでしたけど
今回は
バイオハザードの事もあったからなのか
割り切りが 潔かった気がします。

しかし
監督
何かと ジュンギをハグしてたね〜( ̄◇ ̄;)

監督が 怪しい人に思えてきた
DVD でした。(⌒-⌒; )


メイキングphotoBook [DVD]

さてさて

ようやく 今頃 メイキングphotoBookの
MVDVDを見ました。

なんということでしょうか

まぁ 殆ど ソンヨルとヤンソン中心のMVDVDになってましたよ

いや~〜

買って良かった。

MV形式の メイキングも少し入っていて
ジュンギの面白場面もあって
楽しめましたよ。

ある意味
チャンミンファン 怒らせたかもですね〜( ̄◇ ̄;)

でもね
ジュンギのせいで無いよ

これは、宣伝する方の 問題ですね〜

photoBookの方は バランス良かったと思いますけど
DVDの方は

特に 歌のDVDは 全部 ソンヨルとヤンソン中心で、ある意味びっくりでしたよ

本編に入ってない歌
中毒は
特に 最後の方のソンヨルとヤンソンが出ていて
いや〜〜 ありがたかったですね〜

新しい試みとして

背景音楽のMVも作られていて
これも ほとんど ソンヨルが中心で、びっくりでしたよ。

ジュンギファンには、美味しい内容でした。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。